住宅を使った不動産投資

一般的に不動産投資というと、そもそもがお金持ちの人が行うものだと思っている人が多いかと思いますが、そうでもありません。不動産投資というと、土地やマンションがポピュラーなのではないかと思います。ですが、最近では建て売りの一戸建て住宅を商材として投資していく方が急増しています。これは都市部でなく郊外の地下が上がっていることが原因と考えられます。郊外で一戸建てを購入したいと考える方が増えているため、このような現象になっているわけですが、この郊外の状況をしっかりと見定める必要があります。地域によって文化も様々です。その文化を無視した行動は、上手な近所付き合いを妨げてしまうことにもなるのです。投資目的であれ、新居として住む目的であれ、その物件の地域の文化を事前に知っておく必要があるのです。文化というと堅苦しさがありますが、簡単に解釈して結構です。例えばゴミ出しのルールや町内会の運営についてです。それらの細かいルールにこだわっている方も地域にはいると考えられます。近所付き合いでのトラブルを避けるためにも、しっかりと把握しておきたいものです。このようなことは不動産投資には無縁のように思えます。ですが、投資する側にとってもこれはとても重要なことなのです。
不動産投資なんて言葉は私の日常生活ではまず出てこない言葉のひとつです。ですが、それを生業としている人も少なからずいるのが現実で、そんなひとに対しては尊敬すら感じます。実際に不動産投資をするにあたっては、先立つものがなくてはいけないわけで、一般庶民の私には到底できるものではありません。不動産投資とはお金と知識と勢いが大事なのではないかとおもいます。

不動産投資 福岡 112

不動産投資に掛かるコストについて

不動産投資ではその運用時にいくつかのコストが掛かってきます。コストは不動産投資を行なう上で重要な要素の一つです。 これが少ないほど投資による利益も大きくなるのです。そのためこれらについて知っておくことは非常に重要です。不動産投資に掛かかってくるコストには管理費、修繕費などの維持費と税金があります。管理費は入居希望者の募集やトラブル、クレームへの対応などの素人にはなかなか難しい仕事を自分の代わりに管理会社などに依頼するための費用です。このようなある意味面倒な仕事を頼むことにより自分で使える時間が節約でき投資効率も上がるので必要な費用といえます。修繕費は貸し出すマンションなどの建物に対する修繕やメンテナンスのための費用です。これも不動産投資には必ず掛かってくるコストとなってきます。それから税金には固定資産税と都市計画税があります。不動産は所有しているだけでコストが掛かってくるのです。固定資産税は自分が保有している固定資産に対して掛かる地方税のことです。都市計画税は地方税法で都市計画区域内にある土地と建物に対して市町村が課している税金のことです。大体の金額は購入金額から1%ほどとなっています。これらのコストが掛かることを念頭において投資計画を作ることが賢明だといえます。

Copyright ©All rights reserved.住宅を使った不動産投資.